プロミスなら24時間365日振込融資が可能

消費者金融大手のプロミスは、業界でも最先端のサービスを常に提供している業者です。
そのプロミスが、業界全体に先駆けて、24時間365日の振込み融資を始めました。
振込融資は多くの業者で実行していますが、これまでは、時間と曜日の制限が存在しました。ですが制限がなくなり、申し込んだその日であれば振込融資を受けられるようになったのです。

24時間365日振込とは?

2018年10月より、モアタイムシステムという画期的な仕組みが銀行等の業界に導入されました。
一部参加していない銀行・金融機関がありますが、みずほ銀行も参加予定で、多くの銀行をカバーするシステムとなります。
今までの振込みシステムですと、平日午後3時以降や、銀行の休業日である土日祝日には振込みができませんでした。
消費者金融から即日融資を受けようとしても、振込を利用する場合には制限があり、どうしても平日午前中、または午後の早いうちに手続を済ませる必要があったのです。

プロミスは振込融資にモアタイムシステムを導入

モアタイムシステムにより、消費者金融も、顧客に対して24時間365日の振込みを、やろうとすればできることになりました。
とはいえ、システムを構築し成さなければなりませんから、簡単ではありません。
24時間365日振込実現の第1号は、三井住友銀行フィナンシャルグループの一員であるプロミスでした。
プロミスは、実はモアタイムシステム導入前から、24時間365日振込を始めていました。
グループ内の銀行である三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座限定ですでに実施していたのです。

プロミスに追随するのは?

プロミスに継いで、レイクALSAが24時間365日振込を始めました。
レイクALSAは2018年にできた新しい消費者金融ですが、実質的には新生銀行の運営していた銀行カードローン、レイクを受け継いでいますので、実績は十分です。
ちなみに他の業者ですが、モアタイムシステム導入以前から、一部の銀行口座との組み合わせで24時間365日振込を実施しています。
アコムが楽天銀行口座に、オリックス・クレジットがジャパンネット銀行口座に24時間365日振込みをしてくれています。

24時間振込融資のまとめ

消費者金融の利便性を大きく変える、モアタイムシステムの影響について見てきました。
現在でもカードローンのカード離れは進んでいるのですが、今回の24時間365日振込実施によって、業界の動静は様変わりするかもしれません。
銀行カードローンが即日融資をしなくなった今、プロミスはじめ、ますます便利になっていく消費者金融に注目です。